危険!高齢・加齢による筋力低下はなぜ?原因は?

 

 

高齢になるにつれて筋力が低下していくのは、筋肉や筋繊維の組織を構成している収縮性細胞の数が減少することによる萎縮が原因です。

 

加齢にともなって筋横断面積が徐々に減少していき、全体的に見た筋肉量もダウンすることになります。

 

 

大体40歳以降に、筋力低下に結び付く萎縮が始まるというケースが一般的です。

 

 

高齢化による筋肉量および筋力の減少については、加齢性筋肉減少性(一次性サルコペニア)という名前が付けられており、加齢にともなって筋タンパク質が減少することが原因として指摘されています。

 

筋繊維が萎縮・損傷してしまった場合、それを再生するための能力が低下していることから、補うのが困難な状態になるというメカニズムが考えられています。

 

 

他にも、栄養摂取量、成長ホルモンやテストステロンといった同化ホルモンなどの低下、体脂肪の増加など、様々な要因が影響している可能性があるとも発表されています。

 

また、サルコペニアを引き起こしやすい主な筋群は、頚部筋群をはじめ、僧帽筋下部や広背筋、膝伸筋群などということが分かっています。

 

 

さらに、骨格筋筋線維の中でも、瞬発的に大きな力を発揮することができるという特徴を持つ速筋線維は、加齢の影響によって特に萎縮しやすい傾向があるといった筋線維別の研究結果が出されています。

 

このような高齢化による筋力の低下は、足を使って歩いたり床から立ち上がったりする動作など、一般的な日常生活に必要とされる活動能力が低下することに結び付くという考えから、クオリティ オブ ライフの低下にも関わるといわれており、筋肉量の減少を防ぐことが必要です。

 

そのためには筋力測定を定量的に行いながら、体力に応じて筋力や筋持久力・筋パワーを鍛えるトレーニング手段を継続していくことで、予防や改善が可能です。

 

そして、筋力のトレーニングの他にも、肉や魚をはじめとするタンパク質をできるだけ多く摂取することなどが推奨されています。

 


膝や腰の痛みに悩んでいる方!
軟骨成分「グルコサミン」の補給だけでなく、
痛みをすぐに抑えてくれる「オオイタドリ」も配合!
軟骨補給&鎮痛のダブルパワーサプリメントです!
今なら全額返金保証付き!
↓↓詳細はコチラ!↓↓